【デュエルリンクス】水精鱗グレイドルver0.2デッキ解説

スポンサーリンク

これを基礎として、ここから環境を考えて調整する

で、調整した結果こんな感じ

前回との変更点は初動で使えない、不安定なカードを抜きました

今回は初動の安定感を重視しました

結局、初動ですべてが決まる試合が多い、スピードが早く中盤に至れず終わることも多いのでそうなると使いみちがなくなってしまうので泣く泣く外しました

選択肢、コンボのレパートリーは減りましたが初動何もできずに負ける展開は減りました

ただ、不採用となったカードを抜くと同時に《水晶機巧-グリオンガンド》と《氷結界の龍 ブリューナク》が出せなくなったのは少し悩みどころ

新たに採用になったカード

・《潜海奇襲》
対象を取らない効果破壊、モンスターエスケープ、この2つの効果がとても強い!
対応力の幅が格段に上がる
《コズミック・サイクロン》の採用率が高いのがネックですがそのときはもう割り切って《グレイドル・ドラゴン》で頑張ります

・《グレイドル・インパクト》
サーチがエンドフェイズであるため使いにくそうなイメージでしたが
初手にあるときの
また、このカードが的になることでバックが守られるということもあります

調整用カード

・《クリボール》
手札にあるときの安心感がすごい!
引くことができずワンキルされたときはもうめぐり合わせが悪かったと割り切ろう

・《反転世界》
対不知火用に採用、超重武者などにも活躍するかも
コンセントレイトなど攻撃力が増減するカードに対するカウンターにもなる
かなり相手の意表を突くことが出来る

・《バージェストマ・カナディア》
安定性の高い優秀な妨害カード
ただ、タイミングを見誤るとアド損にもなるので難しい

不採用となったカード

・《鬼ガエル》
初手《アビスフィアー》とこれがあると《グレイドル・スライムJr.》を落としてからの《水精鱗-アビスタージ》で回収といった使い方ができたりと面白いが、
いかんせん《アビスフィアー》が無いと使いづらいカード

・《水精鱗-アビスタージ》
《鬼ガエル》が不採用となった結果、役割を失いました
また、初手にあっても出すタイミングが無く……

・《裏ガエル》
対象耐性効果耐性を突破できる優秀なカードでしたが積めるカードでも無いし必要ない場面で手札にあっても……
《潜海奇襲》との相性も良いためどうにか入れたいカード

・《ウォーター・スピリット》
単品では使い物にならないため

・《サルベージ》
優秀なカードではあったが無くてもいい

・《水精鱗-アビスグンデ》
初動使えない、落とす手段が不安定

汎用カードは入れにくい

残念ながら汎用カードは採用しにくいです

上のレシピでは入っているので矛盾していますが、あくまで環境に応じて出し入れしているので……

このデッキは2つのカテゴリの混合のため動き出すには2枚以上のカードが必要になってきます

そのため不純物が増えれば増えるほど回りにくくなってきます

動けない状況下で妨害罠だけあっても時間稼ぎにしかならず苦しいです

いやでも、《デモンズ・チェーン》くらいのパワーあるカードなら積みたい気もします。(現状は入手難易度が高すぎてね……)

《底なし落とし穴》も強いですがタイミングが限定的すぎて初手にないと辛い

試したこと

《水精鱗-ディニクアビス》を抜いてみた

まず抜いた理由としては特殊召喚する際捨てたいカードがない……いや、どれも捨てたくない!

であればいっそのことこいつを抜いてみるかとなりまして

しかし、こいつを抜くと《水精鱗-アビスリンデ》のリクルート選択が狭まりかつ《潜海奇襲》が機能しにくいため、やはり《水精鱗-ディニクアビス》は必要と思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする